赤子にマニュアルなんてない〜これからママになる人へ

JUGEMテーマ:育児

私は子供が特別好きでもなかったし

自分が子供を産んで育ててるなんていう未来予想図はなかった。

だけど、0歳児の育児をもうすぐ終えようとしています。

がんばった私!えらいな〜

こんなに自分で自分を褒めたことはないと思います。

先輩ママにいろいろ聞いていたこともあり

あっという間よ〜と過ぎてく日々もやっとここまできたか〜という感じで

毎日ベッタリ娘といたように思います。

出産から今日までサクッと私の感想&教訓を...。



1.髪の毛はショートにすべし。前半は長かった髪。パッと結べばいいと思ってたけど

 パッと結ぶのもめんどくさい!できる人は坊主でもいいと思う。

 でなければベリーショートが確実に楽。



2.ネット、育児本は右から左へ。でも、試してみてもいいかもね。というノリで実行すべし。

 試してみるのはいいと思います。その時ダメでも3ヶ月後いけたりすることもあります。

 ただ、本当に解決策はないに等しいのです。

 毎日ママがんばってますね♪なんて書かれたり言われたりしても

 そんなんいらんのじゃー!答えをくれー!いつ、何時何分何秒泣き止むんじゃー!

 と疲れた心を逆撫でされるだけなので、弱ってない時に読むのがいいと思います。

 ちなみに私は活字本だとしなきゃいけないと思ってしまいそうなので

 ほとんど漫画を読んで発散しました。

 私が読んでたのは

 妊娠期、妊娠後に読んだ本「妊娠、出産の予習BOOK/フクチマミ」

 この本はほんとに予習、復習しました。妊娠してる時はふ〜んっていう感じで読んでたけど

 産まれてから読むとほんと実感!できる。

 あーここに描いてるわーなんてことも何回もありました。

 最近気持ちが病んでた時に読んだ本「たまご絵日記1、2/ナナイロペリカン」

 新米ママさんとたまこちゃんの奮闘日記。共感し笑わせてもらいました。

 そうそう!と思ったり、うちの子方がマシかも。と思ったり気持ちが楽になりました。

 ちなみに2はこれから...1歳からのお話。読まなきゃーよかったかなー。大変そう...

「子どもと一緒にスローに暮らす おかあさんの本/藤田ゆみ」

 藤田ゆみさんはオーガニックな考え方とかがとても共感できる人なので買いました。

 押し付けがましくなく、そうよね。と思える本。

 これから何年も読み返してもいいなーと思いました。



3.できるだけ周りの人を頼るべし。ただし、一番近い旦那をあてにするのは程々に。

 やっぱり一番頼りになるのは自分の母です。甘えられる人がいればどんどん甘えましょう!

 母親、姉妹、義理の母...頼りになるのはやはり女の人です。

 子育てはほんとに家族でするものだと思います。イクメンなんてなんじゃそら?

 お前は父親!親なのだー!して当たり前なのー!

 うちはまだいろいろしてくれる方ですが、

 じゃーあれもしてくれるよねーとか期待すればするほど

 こちらがストレスたまるだけなので、余り期待せずしてもらえる時は大いに甘えましょう。

 だけど、母ちゃんじゃないとダメな時もあるのです。

 子どもにとってやっぱり一番近くて頼りになるのは赤ちゃんも大人も母親なのです。

 

4.子どもがそんなに可愛いと思えないとか母らしくできないことで自分がダメって思わない。

 母親になって1年近くになりますが、私って母ね〜って思うことがまずありません。

 子どもは自分の所有物ではなく一人の人間。

 そのまだ未発達な人とどう向き合おうかと毎日奮闘します。

 自分の身体からでてきたのに何もわからないし、遠くに感じる時だってあります。

 そんな時、親とかに自分や旦那の小さい時の話や母子手帳なんかを見せてもらうと

 私たちの子どもだなーって実感します。

 遡って、おじいちゃんやおばあちゃんに親の子どもの頃とか聞ける人は

 ここはばあちゃんに似たんだーとか家族の繋がりを深く感じます。

 娘は何やら毎日ブツブツ、ギズモの悪い奴みたいに訳わからないことをしゃべってますが

 自分からいないいないばぁーしたり一人で立ち上がろうとする姿をみて

 いつの間に!と感動したり、やっと寝てくれた後の寝顔をみてホッとしたり、

 毎日毎日の積み重ねで娘に対する愛おしさが増していきます。

 そして、毎日私はこのすべすべ肌こそ今しかないと必要以上に娘の肌をスリスリしてます。

 何より足の裏を嗅ぐのが好き。多分、あれ、肉球嗅ぐのと一緒。

 きっと娘が「かーさん」と呼んでくれた時少し実感するのかなー。

 でも、昨日、関西のテレビでおかんの口癖で

 あれっもう私言ってるーってのがありましたけど。

 母だと認めるのは娘なんだろうな。



 ダメだな〜ほろっとする時はきっと、疲れてる証拠。

 こんな時に、漫画を読んだり、周りに甘えましょう。

 

サクッと書くつもりが長文になってしまった。

読んでいただいた方ありがとうございます。



まだまだ子育ては続きます。

まだまだ寝不足は続いてます。そして夢で迷路にはまってます。

出口はないということか〜泣。



日々の母としての成長、人間としてのスキルアップだと思い

頑張りたいと思います!

母は素晴らしい!みなさん尊敬します!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode